<< 占いババ様の所へ おめでとう >>

Ron Carter

昨日のテレビの影響で、モーツァルトのミサ曲全集聞きながら出社。
意外と良い気分で通勤できました。
a0003122_20234281.jpga0003122_20244982.jpg
 なんか久々にJazzyな気分なので明日はこれにしよう!↑





Ron Carter と言えばBlue Noteに 彼を聞きに行ったとき、一緒に行ったインド系のアメリカ人がベースをやっており、Jazzについて色々教えてくれたっけな。1molも覚えてないけど。

演奏が終わり、人心地付くと、ベースマンが、
「彼のサイン欲しくないか?」とか「写真を撮ってもらえるよ」とか
妙に熱心に楽屋に連れて行こうとする。
その当時は、演者に近づくなんてこと考えたことも無かったので、えーー??
っと思っていたが、あまりに勧めるので、楽屋へ。

トイレの奥の階段を上ったところだったか、土産物屋の近くだったかが、すぐ楽屋だったような気がするんだけど、厳ついお兄さんが道をふさぐ。
でも、ベースマンが明らかに私をだしにした風情で、何か話す。すると、しょうがねぇなって感じで楽屋前まで通された。

おーー、結構デカイー。わー凄く紳士ー。優しいーー
ドキドキしながら、伝わったかは謎だけど、いつか王子様が好きだとか言いながら、サインをもらい握手。ひーーー手も、超でかいぃぃ!

で、ベースマンに写真を撮ってもらい、さぁ帰ろうとすると、ベースマンが、
「俺も俺も」と写真と握手。
しばらくRonと話していたが、なにやらRonは鬱陶しそう。
どうやら売り込みをかけていたらしい・・・・名刺まで渡して・・・

おい、お前、ソレが目当てだったのかよ!
アテクシをだし、というか盾にしてーーー!!

あの売り込みの熱心さや、チャンスを逃さない様は感心半分驚愕半分。
だって、Ronは彼の演奏聴いたこと無いのに。あ、テープ渡してたかな?
まぁ上記のような、本気で夢に向かっている人からすれば、些細なあるいは当然であろうことで、ビックリ感心しているなんて、ちょっと情けないかなとか思った記憶が。

当たり前だがRonから連絡も無く、彼は地道に活動しているようです。

なんやかや言いつつも、彼のおかげで、Debut戦はRon Carter @ Blue Note NY。ちょっといい感じだ。

お、また日本に来るのか
[PR]
by matsum | 2005-05-23 12:39 | music
<< 占いババ様の所へ おめでとう >>