<< ユーヴェというより えがりて >>

Don't believe the truth

やっと買ったので、聞いてます。

とりあえずの感想は、
1.古新しい(なんか聞いたことあるような・・・)
2.ノエル歌いすぎじゃない?
3.結構良いかも

その後の感想
1.なんとなくBeatlesっぽい
2.5曲目、水戸黄門?
3.6曲目、Tina Turner?
4.7曲目、Nirvana?
5.LET THERE BE LOVE ってレニーっぽい。
6.やはり全体的になんか聞いたことあるような曲ばかり
7.でも、まぁいいか。
8.ゲムとアンディはなんか凄いかも

です。もちっと聞き込みます。スルメCD確定か。

Don't Believe The Truth/Oasis
a0003122_1603674.gif




2005.05.27
Oasis ロンドン公演でリバプールFCの勝利に酔う!
オアシスが、5/25のロンドン公演にて、サッカーUEFAチャンピオンズ・リーグでのリバプールFCの見事な優勝をファンとともに祝った。
この日、何千という酔っぱらった観客の前に用意された巨大なスクリーンには、リバプールFC対ACミラン戦の模様が流された。
そしてこの放送が終わると、コロネットのステージにようやくバンドが登場。
定番の「Fuckin' In The Bushes」のイントロの代わりに、リバプールFCの応援歌である「You'll Never Walk Alone」が流れ、赤の照明に全身を照らされメンバーが姿を現した。
このショウに関して、ノエル・ギャラガーは先ごろこう語っていた。
「ギグはソールドアウトだったんだ。で、俺がこう提案した。『サポート・アクトの代わりに、デカいスクリーンをステージのど真ん中におっ立てりゃいいじゃん。そうすりゃみんなで試合を見れるしね。そんで試合の後に俺らがギグをやるんだ。終わりの時間を延長してさ』って。
これを全部やることになったんだ。それでデカい映画用の機材を借りたってわけ」。
なお、リアムはこのステージで「Stop Crying Your Heart Out」を試合に敗れたACミランのファンに捧げている。(NME)
______________________________________________
FC東京のサポソンでもありますが、なんかちょっと違和感があるんだよね。
思いが込められているし、良い曲なんだけど、なんせ音が取り辛いし、キーも低い。
お通夜かと。
何より、リバプールの曲じゃん!って感じが。
海外のチームと戦うときにユルネバって、どう思われるのかしら?
ユーヴェ戦のとき、ユーヴェの選手はどう思うのでしょうか?CLを思い出す?

イスタンブールのスタジアムに集まったリバプールサポから自然と湧き上がるユルネバは、とてーも感動でした。半裸で狂喜乱舞。半裸で涙。

ちなみにギャラがー兄弟はシティのサポ。やはりイギリス勢が決勝の片方に残ると、応援するもんなんですね。
友が、ほんとは「Stop Crying Your Heart Out」をリバプールのために用意してたんじゃないか?と(笑)
[PR]
by matsum | 2005-06-01 16:03 | music
<< ユーヴェというより えがりて >>