<< 感情の行方 忘れた >>

WWRY

We Will Rock You @ コマ劇 行って来ました。

こういうのを所謂「ミュージカル」って呼ぶのには抵抗があるのですが、まぁMusicalだよね。間違っちゃいない。

一般的な日本人のノリとして、舞台と一緒に盛り上がるなんてちょっと難しいし、
あんなに招待券をばら撒いているし、3ヶ月も借り切っちゃって、大丈夫なの?
って感じのWWRYですが、予想は半分的中、半分外れ。

思ったより、ヒューヒューピーピー(サクラか?)手拍子したり、体を揺すったりしていて、なかなか。
的中部分は、やはりストーリーがグダグダなこと。
でもやはりキャストの魅力でカヴァーって感じかな?
キャストは見た目さえ気にしなければとてもスバーらしかったです。バンドも上手だったし、何より楽しそうだった。
Britney Spears役(笑)の Daniel Fletcher(?)がベタベタでおかしすぎて、惚れちゃいました。


前半、Galileo Figaro役のMichael Falzon(?)が他のキャストに比べて見劣りするなぁって感じ。

休憩中にキャストチェックに行くと、staffの人が話しかけてきて
「今日の主役はAustraliaから急遽来日なんです。後半、期待してください!!」だそう。
あら、不満気だったのがお分かりに??
    (どうやらピーター氏が怪我をされたからのよう。アンダーって他にもいなかったっけ?
      あぁー、パンフがないとサイトにもキャストが出ていないので分からん)
   ★Bryanのサイトキャストの写真ハケーン

スタッフの説明通り、後半は激しく挽回で歌い上げまくってました。


脚本、演出、振付、どれもこれも最悪。しまいにゃ替え歌になってるし。
でも、ロックネタ、日本ネタの台詞がベタで結構笑えるし、
最後はご期待通り、皆立ち上がり、ヒューヒューピーピー、手拍子、そして自ら歌う!


これはもうミュージカルとしてみるのではなく、Queenの曲って最高だよな!って集会だと思えば良いのね!
たのしーーー。私はただ騒ぎたいだけなのか・・・

元々期待もしていなかったし、「楽しかった」と思うには、共に盛り上げよう!楽しもう!って心が必要なショーだと思っていたので、
ほんとに盛り上がってしまった。

QueenはBestとLive 映像位の知識の私ですが、復習せずとも楽しめました。
Queenファンには嬉しくもあり、辛いショーなのかなとか思っちゃいましたが。

フレディの追悼コンサート、また見たくなっちゃった。アクセル・・・




曲目
INNUENDO
RADIO GA GA
I WANT TO BREAK FREE
SOMEBODY TO LOVE
KILLER QUEEN
UNDER PRESSURE
I WANT IT ALL
HEADLONG
NO-ONE BUT YOU(Only The Good Die Young
    ⇒若くして亡くなったロックスターがスクリーンに次々に映しだされる。
     なぜか尾崎とhideが出てきて失笑。失礼、不謹慎ですタ。
OGRE BATTLE
ONE VISION
WHO WANTS TO LIVE FOREVER ⇒この曲改めて好きになったー
FLASH
SEVEN SEAS OF RHYE ⇒輝ける七つの海って邦題初めて知りました
DON'T STOP ME NOW
ANOTHER ONE BITES THE DUST
HAMMER TO FALL
THESE ARE THE DAYS OF OUR LIVES
WE WILL ROCK YOU
WE ARE THE CHAMPIONS
BOHEMIAN RHAPSODY  and more...

ぴあより
Bicycle Race、 Crazy Little Thing Called Love、 I Was Born To Love You を追加

こねた、思い出しつつ書いてみます
ゴラムのmy precious
Australiaに連れ戻される
Britneyの自己紹介
日本ネタはコナカ、烏帽子岩から岩手県、冬ソナ
[PR]
by matsum | 2005-06-14 22:09 | music
<< 感情の行方 忘れた >>