<< 銀の糸 昭和のカホリ >>

なんだか悲しい

フジにともに行く美容師と待ち合わせ、事前打ち合わせ。
で、互いに夕方まで暇だと言うので、色々歩き回る。

お腹が空いたので、ロイホへ。







そして、、、、
地震。地震!!!超怖かったーー!!
まさかこういうパブリックスペースで地震に遭うとは。

こういうとき、群集心理ってほんと厄介。
ぐらっと来た瞬間、私は机の下にもぐりたかったんだけど、なんかみんな余裕かましているの!
そういう雰囲気だと、なかなかもぐれないものなんですね・・・
でも、「これ、ほんとにやばくない?」って段々なっていったんだけど、その雰囲気っていうか、
みんなの心の動きが波みたいに感じられて、余計に怖くなったよーー。


少し弱まったけど、まだまだ揺れている。
でも、歩いている人間は気が付かないようで、おばちゃんが1人来店・・
「1人なんだけど~」

・・・・

・・・・

・・・・


客、全員爆笑。


え?こんな中接客するの?って店員も、しばしフリーズの後
「い、いらっしゃいませー」


いやー、なんか、まさに「弛緩」でしたね。



それにしても何事もなくって良かったー


でー、すごい揺れで怖かったのですが、店を出るとすっかりそんなことは忘れ、
先ほど買ったパンツの裾上げを、引っ越すまではよく、引っ越してからもしばしばお願いしていた元地元の洋服屋へ出そうと、出かける。


おじいちゃんとおばあちゃんが自宅でやっている所なので、かなりわがままが聞くお店で、
チロちゃんだとか言う雑種の太ったオバあちゃん犬がいて、いつもオババ犬なりに歓迎してくれるので、
その子にも久々に会えると、面倒ながら、ちょっと、楽しみにも。

お店へ向かう途中、虫の知らせか、なんとなく電話をしてみると、「現在使われておりません」・・・
・・・え?
・・・・・・

・・・お店に行ってみると・・・案の定、シャッターは下りていて、人の気配なし。
住居になっている二階には人がいる様子だけど、表札がなくなっている・・・
ピンポンも取り外されている・・・・



ただの廃業なら良いんだけど・・・




それにしても、私はこれからどこへお直しを持って行ったら良いのーー



家に帰り、あんな地震があったにも拘らず開催された花火大会を遠くにながめ、
なんか、夏の終わりか?って気分になっちゃいました。
[PR]
by matsum | 2005-07-23 19:04 | private
<< 銀の糸 昭和のカホリ >>