<< World Trade Center James talking a... >>

Peter Beets Trio

Peter Beets Trio @ JT Art Hall Affinis
-Jazz in Tokyo live @ Toranomon vol.19 『オランダ&オーストラリア JAZZ NIGHTS!』

ピーター・ビーツあるいはペーター・ベーツ


a0003122_12321511.jpg






やっぱりJazzには酒とタバコよね~(ってそうなんだろうか?)
プカプカしながら満喫いたしました。

久々のJazzで、なぜかちょっと緊張しちゃいましたが、すごいすごい。私のツボに とすっとすっ と刺さりました。
ショパンのノクターンやプレリュードをアレンジしたものも披露してました。
これがかなり良くって、イタク気に入ってしまい、CD即買い。

MCが1曲1曲やたらと長く、まぁ色々曲の説明してくれてるわけだし、雰囲気も良くなるから、
MCはあった方がもちろん良いんだけど、とにかく長い。

忘れてました。オランダ人ってお喋り好きなんだった。


で、終演後にちょっと話す機会があったのですが、いきなり

  「フランです。」と自己紹介とともに握手を求めてくるB。

・・あ、あの・・色々逆なんですけど。

  「Gijisです。」(聞き取れず) 握手を求めるDs。。。
    ヒジス?じいず?

そして、やはりデカイのですわ。さすがオランダ人。
大きい~♪とか言ったら(子供か?)Three Towersとか言ってた。

で、ペーター氏はショパンの話の途中で 「この後、Bar(ホール内)で飲む?」

ってナンパではないんです。彼らはお喋り大好きだから、まだまだ話し足りないんです。

a0003122_1325556.jpga0003122_132677.jpg

コンセルトヘボウでのライブアルバム。
あら、ペーター氏ってJazz Orchestra of the Concertgebouw の方なのね

最近こればっかり聞いてます。vol.1も買えば良かった。


setlist
1. Dégage
2. The Judge
3. The Way You Look Tonight (Frank Sinatra)
4. Prelude No.4 E-minor (F.Chopin)
5. Nocturne No.2 (F.Chopin)
6. Is It Wrong To Be Right

7. For Simon
8. Waltz No.7 in C# minor (F.Chopin)
9. Prelude No.6 B-minor (F.Chopin)
10.The Best Thing For You
11.Blues-John Brown's Body

12.It' Happening



Peter Beets(p), Gijs Dijkhuizen(ds), Frans van Geest(b)
a0003122_15464474.jpga0003122_154755.jpga0003122_15472138.jpg





※さっきPeterさんのことをちょっと調べていたら、Jazz一家らしく、兄弟のMaurisっての
がベース、Alexanderってのがテナーサックスやってた。
で、Beets Bros のアルバムにはHANS DULFERが参加してる!
[PR]
by matsum | 2006-09-21 21:26 | music
<< World Trade Center James talking a... >>