<< Braleyの記憶力 熱発 >>

Chris Botti @ Blue Note

Chris Botti @ Blue Note

a0003122_13511436.jpg


ふー。カプソン祭の途中からひいた風邪。
演奏会中は奇跡的に咳止めや鼻水止めが効いたので、事なきを得ましたが、
そんなことしているからか全然治らず。

おまけに祭り終了とともにテンションは下がり、どん底の2連休を過ごしていました。
そんなわけで、友達から誕生日祝いにとアレンジしてもらったこのクリス・ボッティも、
正直言って、当日まで気乗りがせず。

あんな麗しいお顔だし、あんなスウィートなペットの音。

でもでも、脳内では祭続行中だから、その雰囲気を壊したくない!!!

って感じで、またも咳止めを貼り付けて望んだのですが



いやー、大変満足♪

ってあたしってホント繊細にはできていないのですね。

クリスは4割方舞台袖にてニヤニヤとバックメンバーのプレイを見物しているって感じでしたが
(ペットだからしょうがないのかなー)
いやードラムとギターが凄くって♪超楽しかったー
正直、メロウな曲を延々やられても、多分飽きてたと思うので、良い感じのセットリストでした。

それにしてもニュー・シネマ・パラダイスの愛のテーマはマジ反則。
しかし、出だしでピアノがギターの呻き声を真似する
(その前にクリスが、ギターのソロのときの呻き声を「初めて聞いたよ~」とか、からかった?経緯あり)
なんつー、激しく可笑しい場面もあって、私の出かかった涙は一瞬にして乾いたのですが、
でもやっぱり始まっちゃうと、泣けちゃうのです。

おソロのときとか、なんか天井のワイヤーか照明のセロファン(学芸会か!)がビリビリ振動しちゃってちょっと煩かったけど


そして、クリスは目で吹いても、背中で吹いてもカッコいい男でした。。
カプソン祭がなかったら即刻惚れてます。。。。嘘。
[PR]
by matsum | 2006-11-05 20:25 | music
<< Braleyの記憶力 熱発 >>