<< 全然関係ないのですが Ivo Pogorelich ... >>

Ivo Pogorelich

Ivo Pogorelich @サントリーホール

ひーーー。胸と頭と腹いっぱい。。。

開場は余り遅れなかったけど、ロビーで大分待たされたよ。
今日は真正面から対決!ってな席で、にじにじしている足元とか揺れるピアノとか
見所満載でした

空席が目立ってましたが、月曜だし、売り出したのつい最近だし、そう考えると、すごい入りってことか・・

a0003122_14265942.jpg





まず、登場されましたポゴレリッチさんとガチーーンと目が合ってしまい(気のせいでも)
せっかく今日は気負わず臨むぞと思ったのに、姿勢固まってしまいました。


んでもって、えーっと、えー、、記憶が・・・
まず、ブラームス・・・やったっけ?ブラームス?
あぁ、美しく響いたりするんだけど、たまに行き場をなくした音の波が一階席の上空で暴れたりしていて、
なんつーか無常を感じました。
あの不思議な感じがしたのはブラームスだったかな??

ショパンのピアノソナタ第2番ですが、死んだ人もビックリして生き返っちゃうか参列者から死者が出るかも。
それは何の葬式だ?地球?宇宙?そもそも葬式ではないとか?
なんてのは、帰宅時に思ったことなんですが、現場では、なんかこんなこと書くとキモイんだけど、、涙と鼻水が・・・
感動とかそういう感覚だったのかな?
もちろん美しいとか悲しいとか、うー!しびれる!とかそういうことじゃないのね。
琴線なんてそんなデリケートっぽい部分じゃなくって、とにかく体の内側のどっかにドスン、ジワジワと。。。
途中楽章間で氏は、客席に睨み or ニヤリを利かせ・・・ひぃっ
最終楽章はタイムを競ってるのかってな勢いでしたが、なんか、やれー!やっちまえー!みたいな気分になりました。


ラフマニノフ。。。うーんっと途中までちょっと意識が飛んじゃってこれまた記憶が・・・
もうそれって鉄の音ジャン。いいのか?そうか、それでいいのか。とかグルングルン。
でも途中からビューテホーでした。。。しかし、長い。
しかも継ぎ目なしに弾かれてしまったので、組んだ足が痺れました・・・

そして、なにやら上機嫌な氏は(舞台袖でスタッフにおどけていた)アンコールを2曲も弾いてくださいました。
譜メクラーも2曲目は、え?弾くんですか?ってな感じで慌ててメガネ装着。
そして、アンコールも凄かったです。いやー凄かったっす。(←これだけ?)
終演後はまたピアノを片付けていました。どうやらお約束事項になったのですね。


なんか轟音にも、もちろん色々やられちゃうんだけど、轟音の後のカウンター気味の清らかな音とか、
轟音の後カウンターで轟音とか、とにかくカウンターって言うか喰い気味にこられると、
私ってドキドキしちゃうみたい。



曲目
Brahms
   Capriccio in F-sharp minor Op.76 No.1
   Intermezzo in A major Op.118 No.2
Chopin
   Piano Sonata No.2 in B-flat minor Op.35
*********************
Rachmaninov
   Six Moments Musicaux Op.16
      No. 1 Andantino in B-flat minor
      No. 2 Allegretto in E-flat minor
      No. 3 Andante cantabile in B minor
      No. 4 Presto in E minor
      No. 5 Adagio sostenuto in D-flat major
      No. 6 Maestoso in C major
**********************
  encore
Chopin
   Nocturn in E-flat major op.55-2
Balakirev
   Islamey (an Oriental Fantasy)


それにしても、あんなに緊張感を強いられるリサイタルで、鈴の音って・・・
今日は特に物を落とす人が多くってビックリでした。


帰りに本日のムッシューのokamo-koさんと会ったのですが、誰とも口をきかずに帰ったら、
昇華し切れず、それこそ熱発しちゃうとこでした。okamo-koさんありがとうございました~♪
[PR]
by matsum | 2007-01-15 21:55 | music
<< 全然関係ないのですが Ivo Pogorelich ... >>