<< LFJ07 4日目 その2 修正 LFJ07 3日目 その2 >>

LFJ07 4日目 その1

早朝、チケット売り場にたどり着いたものの、受付用紙記入時には残のあった
ラファエル氏のサン=サーンスのチェロコン(421)・・・売切れてしまいました・・・

そんなわけで、じゃぁマスタークラスでも行くか・・・と会場を探す。
昨年はB5の辺りだったのに、なんとガラス棟の7F・・・え・・・なんか暑そう・・・
あら、イザイSQだ!全員で教えてくれるの???

と???のまま突入。あ、ちょっと空調入ってるのね(なんか無駄な・・・)
お、講師はチェリストだけなのね。

Yovan Markovitchによるマスタークラス


↑何気にジョン・マルコヴィッチなんだな

Bartok String Quartet No. 3

芸大?の女子学生さん達。なんかすごく上手なんですけど!(無駄にビビる)
あと通訳が激しく素晴らしい。講師に負けず体を揺らして熱心に聞き入り、熱心に指導。

マルコヴィッチ氏の指導は主にテンポに関してでしたが、学生たち飲み込みが早いっす。
ちょっとしたことで演奏って随分変わるのね~。素晴らしい。
マルコヴィッチ氏もメトロノーム片手に、踊りの時にはマルコヴィッチ風の踊りを見せたり、熱心に指導。
ただし、ごめんなさい、僕はチェリストだから気になっちゃって・・と若干チェリストに対する指導が多かったです。

初めてのマスタークラス。楽しかったです。
a0003122_14153264.jpg
[PR]
by matsum | 2007-05-05 12:09 | music
<< LFJ07 4日目 その2 修正 LFJ07 3日目 その2 >>