<< LFJ07 4日目 その3 LFJ07 4日目 その1 >>

LFJ07 4日目 その2 修正

422

Saint-Saëns Septuor pour cordes, piano et trompette, op. 65
          Caprice-Valse pour piano et orchestre « Wedding-Cake », op. 76
          Le Carnaval des animaux

Marie -Josèphe Jude
Jean-François Heisser

Orchestre Poitou-Charentes

こちらも毎度おなじみポワトゥ=シャラント(ちゃんと言えるようになった)の方々。
ん?あ、あれ・・・?面子変わって。。。いや、変わってません。。。見た目がなんか・・すごく変わっただけ・・・
・・・特にコンマスの(※)・・・後頭部が・・・そして、カッコいいバイオリニストも発見出来ず。
(髪の色が同じ人はいたんだけど・・・まさか・・)
あ、でもビオラの人とかチェロ、コンバスの人達は余り変わってないな。

さて、そんなマンウォッチングはさておき、演奏ですが・・・えーっとクラリネットが結構上手だった・・・
あれ?そうだったかな?私の謝肉祭ヘヴィローはこれこれ(トットちゃん!)なので、
比較対象としてどうなのかと思いますが、なんかつまんなかった。

そして、まんまと子供大騒ぎ、の公演だったので、途中からピクニックコンサート気分で、だらだら聞きました。
3歳からOKだったようなので、ある程度は覚悟。突如奇声を発するとか、、、そういうのは仕方ないと思えます。
あんまり煩いようなら親が連れ出せば良いだけのことだし。
せっかくのチャンスなんだし、特に謝肉祭なんか子供向きだからみんなで楽しめればね。
でも、靴のマジックテープを延々、延々バリバリやってた子供の親は一体何なんだろうか?

(※)一昨日、昨年のポワトゥ~の映像を見たんですが、やはり、1年でそんなに・・・って感じでした・・・




444

Bartók Divertimento for strings
      Piano Concerto No. 3
Jean-François Heisser
Les Siècles
François-Xavier Roth

指揮者が出てきてご挨拶。曲順の入替と、ガット弦使用を説明。
オケはポワトゥ=シャラントの方々も多数。ひひひ。あのコンマス。お、ビオラ。

わおーー、すっばらしい~~つか、やっぱりカッコいい~。
ピアノ最高~。
先ほどの私的グダグダ感を払拭。


_____________________________________
さてさて、次まで時間があるなぁということで、ミュージックキオスク(鳥篭)で、トリオバンダラを聴くことに

a0003122_16492840.jpg



・・・・・

えぇ、トリオヴァンダラーです。


・・・・・

バンダラってリゾート地なんだね


待てど暮らせど、なかなか来ませんでしたが、(詳細はokamo-koさんのとこで~)
真っ先に現れたラファエル・(デル・トロ・)ピドゥ氏

もはや目が はぁと な私は、アロウ♪と手を振ってみましたら、ニヤリとしてくれましたわ♪
(もう完璧な腐女子)

Dvořák Piano Trio No. 4 in E minor Dumky

・・・スピーカーは私のためにチェロの音を特に念入りに送ってくれました・・・

a0003122_1420481.jpg


鳥篭に野獣が・・

しかし、イケメン担当はデフォルトで
ソフトフォーカスがかかるという神業!
さすがです♪
[PR]
by matsum | 2007-05-05 16:08 | music
<< LFJ07 4日目 その3 LFJ07 4日目 その1 >>