カテゴリ:private( 185 )

アウトレット

久々に御殿場に!
私の車を友達に運転させ、私はLatino girlの車に。狭いけど素敵です。

場外の駐車場に誘導されるもいつもの駐車場ガラガラです。どういう誘導しているのよ!

12:30ころ、食事休憩のため集まったお店で喪服の人を数名見かける。意味が分かりません。
同じく12:30。隣の席の外国人、J兄貴に似ておりました。

14:00ころ、レッスンのため家に戻るLatino girlとさよならして本格的に買い込み。

買う物リストの不備や、時間配分のミス、買う順番の間違い等で、終盤、かなり追い詰められました。
コスメ屋でシティブロック関係のものが全然なくって、ちょっとへこみましたが、なかなか今回は良い買い物ができました。

ロッカーを使わざるを得ない状況になったのですが、重い重い紙袋で指の腹が痛いです(27日11:15現在。まだ痛いです)。
アウトレットでこんなに買い物したの初めてです。NYは別として。

いわゆるお洋服屋はほとんど見なかったので、これは次回へ持ち越し。


やべっちFCを見ながら、戦利品の値札を取り除き、ニヤニヤ。
アレーーー!!!!
a0003122_11241092.jpg




Bacio
[PR]
by matsum | 2005-06-26 23:10 | private

hotbloodlatino

品プリでラテンダンスの発表会?に行ってきた。

その衣装が着たくてラテンダンスを習っているという友達に誘われて行ったのだけど、
結構楽しかった。
エアロビ、ボディービル系のなんか連帯感というか仲間意識の強い雰囲気の客の歓声に、笑い増大。
あとなんかホストの誕生会みたいな雰囲気でもあったな。

ウリナリダンス部の大会時の雰囲気って、日本の競技会レベルだし、面白い先生だったし、
テレビも入ってるからあんな雰囲気なんだと思ってたら、どうやら、素であぁいう雰囲気のものらしい。

舞台があまり高くないので、どフラットな席に座っている我らにはステップがあまり見えず、残念だったけど、
衣装も素敵だったし、なにより、美しい体の女性が踊っているのは素敵でした。


オラがメッカを横目に懐かしの新高輪のイタリアンで飯を食う。結構美味しかった。

思い出した。数年前、妊婦の友達が旦那と喧嘩をして、家に帰りたくないから、一緒にホテルに泊まろう。
と泣きついてきたことがあり、その際にも利用したレストランだ。
妊婦ってお酒を飲んじゃいけない?って知らなかった私は、彼女がワインを飲むのをなんとも思わず、お相伴していたなぁ。。。。
夜半、テンションの高まった我らは、デミ・ムーアスタイルでの記念撮影をしたっけな。懐かしい。

昔、ホテルのレディースプランを利用しまくっていた頃、オラがメッカのラウンジで唐揚げを食すのが結構好きだった。
久々にうろついてみると、新高輪とかさくらタワーやお庭の地理関係をすっかり忘れていることにちょっとショックを受ける。


急遽ラティーノガールも明日の御殿場へ誘うこととなり、早々に就寝。
[PR]
by matsum | 2005-06-25 20:22 | private

開店準備

本日はアテクシがおバーの開店準備!
お客が来るまで、マニックスのミレニアムライブとか見てすごす予定。

本人しか来られなくなり(つまり友達は連れてきちゃイカン)、ますます不思議なおバー。
楽しみです


__________________________________

掃除や片づけをしながらLEAVING THE 20TH CENTURYLive At Blank Canvas
をアミーゴと見つつ、客の居ないおバーでくつろぐ。というかもだえる。

美しい夕焼けを背にアミーゴと記念撮影。なんかちょっと悲しくなったとです。

__________________________________

全員集合。テラスで食事を囲んで和気藹々と過ごす。なんだか家族のようでした。
ブラジル戦を見ていない不甲斐ない我らにガカーリする旦那。すまんねぇ。

ほり○もんの全てを縮小したような男が現れる。
体も髪型も顔の雰囲気もやっている分野も服装も、全て忠実に4分の3フィギアに再現!って感じ。
帰りはその人のみにに乗せてもらうことになったが、4人で、しかも幌を開けるという、こっ恥ずかしいことこの上ない状況に追い込まれる。
オープンにして後ろの席ってあり得ないんですけど。。。


いやー、総じて楽しかったです。
[PR]
by matsum | 2005-06-24 23:22 | private

愛の渇き

本日、大急ぎで引っつかんだ本は、「午後の曳航」と「宴のあと

なんでこのところずっと三島なのかというと、本棚の前面を、積み上がったダンボールが塞いでいるので、本棚の本が取れない。
そもそも、本棚には、まだ本はさほど入っておらず、その積み上がった段ボールに入っている。
たまたま開けられた段ボールには新潮文庫達が入っていて、確率的に三島にぶち当たってしまうのです。

で、電車の中で、宴のあとを読みながら、ふと立っている人を観察すると、若い女性がブックカバーをつけていない文庫を読んでいる。
そして、見覚えのある本の背。
かなり日に当たり薄くなっているけれど、あのオレンジの背は、三島!
おお、友よ!

んがぁつ。なんということでしょう。

愛の渇き」!!!

よりにもよって。。。。大胆すぎじゃないですか

いや、全然良いんですけど、ただ、ちょっとそれブックカバーなしで読むのって恥ずかしくないのかなぁと
内容はもちろん恥ずかしいものじゃないけど、その扇情的なタイトルは、朝はアイルケになってしまったおじさん達の神経に直接的に響くのでは?



私は電車内で自分が何を読んでいるか人に知られるのをあまり好みません。
なんか頭の中を覗き見られる感じがして嫌なんです。
日本の本の装丁は、あまりにも分かり安すぎて、ブックカバー必須。
新潮文庫のダメなところは、本を開いてもタイトルが上の方にずっと書いてあること。

誰もテメーの読んでる本なんか気にしちゃイネーよ?
[PR]
by matsum | 2005-06-23 15:37 | private

なんとなくMichael

a0003122_10135956.gifMichaelのリアリティ番組。。果たして。
15年位前だったら見たいけど、今は10分位でお腹いっぱいだろうなぁ。
訳の分からないものを衝動買いされても、あんた金どうすんのさ?とか思ってしまいそう。
結局、Beatlesの版権はどうなったのだろう?まだ持ってんのかな?

ところでMichaelはバブルス君にも虐待を行っていたとかって噂ですよね。
[PR]
by matsum | 2005-06-21 10:18 | private

車定期健診

a0003122_18435614.jpg
えーー、先々週?1年検診だったのですが、また新しいコンピューターが来たので、来てください。とのこと。

実は私の車、新車で納車後1ヶ月の間に2回エンストし(AT車)、挙句、ギアが脱落するという大はずれの車だったのです。
色々揉めている間、代車に乗っていたのですが、その代車で事故ったり(私は被害者)と、なかなかあり得ないことが散々ありました。

で、こんなこえ~車乗ってられるか!ってのを渋々乗ってやる!ってスタンスですので、サービス特約条項をこさえまして、2~3ヶ月に一度無償のメンテナンスがあるんです。

それに加えて、日本向けに日々改善されるコンピューターの入れ替えがあったりして、しょっちゅう、ディーラーに行っているわけです。


昨晩電話が掛かってきて、新しいコンピューターに入れ替えるついでに、別車種の売り込み。マイナーチェンジするので、在庫一層したいから、良かったら乗り換えますか?とのこと。
おい。魅力的な話だが、ちょっと待て。
だったら9ヶ月前に言ってくれ。
今となっては手の掛かるこの子を気に入り始めているのよ。アテクシ。

でも、行ってみたら、担当営業マンも、ちょっと現実的じゃなかったので、やっぱりやめましょう。だって。
そういわれると、興味持っちゃうのよねー
実際別車種を真剣に見たら、やっぱりそれなりに良いのよ
それなりって言ったら変だけど、グレードはもちろん上がるし、今ならナビとか購入資金プレもあるし。

結局、アレとかの話をして、いつものごとく来場者プレゼントを頂戴して、あっさり帰ってきました。
でも、帰り間際に「冷却水のタンクに皹が入ってるみたいだから、今度取り替えます。」だと。
取り替えるの大好きだねーあんたたち。まぁ良いけど、また来るのね・・・



うひーー。デカイ買い物をし掛けて止めた後の衝動買いを抑えるのが大変だーー
[PR]
by matsum | 2005-06-19 15:52 | private

よいしょ

友達が不動産屋に行きたいというので、付き添った。なんでアタシ?
まぁ断る理由もないので行ってきた。

いやー、凄いもの見ました。
不動産屋に対し、褒めちぎりーーアゲまくりーー。

「もう聞いてよー。私が電話で何種類か条件言っただけなのにぃ~」
「もう超ピンポイントでぇ~」
等々・延々・同意を求められても、オイラ、素で「ここのガスふた口ですか?」
「洗濯機置く場所ないですけど」「償却ありですか?」
とか沈静化させようとしてしまう。

アゲまくり、喜びまくり。
これが彼女の、いや、社会一般の常識的な戦略だとしても乗り切れない・・

その愛想の良さを飲み会でも出せよ。
不動産屋のように自分の利益と言ったら身も蓋もないけど、そういう人には幾らでも尻尾を振れるのね。
それが大人というものなのか・・・それが女ってものなのか。。。
確かにサービスされる側の心得程度は分かるけど、でもやっぱり、そう豹変されるとちょっと怖いっす。
アタシには無理だ。


不動産屋に付き合ったお礼は100円マックでした・・・
あたし、マック断ちしてるんですけど・・・


んで、その友達に、私の男友達のダメ出しを散々され、
「んーー、だからー、アタシ、彼らの友達だから」
って言いましたが、実際、そのようなダメ出しされるような奴らだし、アテクシにもそこまでの義理はないので、「そんなコト言うな!」とまでは言い切れず。
悪かったわねぇ、そんな飲み会につき合わせて!
もう二度と誘わないと心に誓いました。




P.S. おデブ好きはあのおデブをちょっと良いと思ったらしい
(但し、彼の実家のロケーションを聞いてからの反応と思われ)
なんだよーー、全然ダメとか言ってたくせにーーー!!はっきりせい!
[PR]
by matsum | 2005-06-17 20:16 | private

ライライライライラ

終始イライラ。

なんかもう少し大人になれんもんかな、と思うが
[PR]
by matsum | 2005-06-16 22:32 | private

感情の行方

なぜか友達の妹と飲むことに。
この妹キャラ全開の娘に付き合っている自分って何なんだろう
まぁバーのために。
それにしても彼女に嫉妬されないように振舞うのが結構難しくなってきた。

彼女の、私のアミーゴへの嫉妬心ったら半端でないんだけど(色々ありまして)、みっともないし、おら、ほんと困っちゃうわけです。
そんなむき出しの心を露わにされても、おらアミーゴのアミーゴだし。
挙句、アミーゴを連れてきた私にまで火の粉が散るわけですよ(こちらも色々ありまして)。

ええい。酔ってしまえ。と1人1本ずつワインを空けたけど、あまり酔えず。
やはり普通の店で飲むと気が張っているからかな・・それとも・・・


ふぅ、とりあえず、今日をこなせたので、暫くは無事であろう
[PR]
by matsum | 2005-06-15 21:35 | private

WOWOW主催「海外ドラマ試写会」

a0003122_10514279.gifカン・ドンウォン主演「1%の奇跡
ソン・スンホン主演ドラマ「ポップコーン
チェジウ版「101回目のプロポーズ
ジェリー・ブラッカイマー製作総指揮「コールドケース 迷宮事件簿」(アンケートでコメディとなっていた。J・ブラッカイマーのコメディ・・・)

の予告編をさらっと見る。あまりに興味がないので、途中で寝てしまうが、ビクッとなってしまって起床。
(あ、ちなみに韓国の人や文化が嫌いと言うわけではなく、単に好みじゃないのと、韓国ドラマや映画の台頭で、洋物が追いやられてしまうのが、アテクシ的には嫌なんです)


本上まなみ登場
アミーゴが、5mも離れていないのに双眼鏡で彼女を凝視している、本上まなみヲタのおじさんをハケーーン。
あのおじさん、イベントが始まる前、円卓の舞台に背を向ける位置に座っていたのだけど、二つ隣のお姉さんに席を代わってもらってたな。
なんつーオヤジだ。

本上まなみ。可愛かったし、LaLaTVの試写のときの叶姉妹とは違って、台本はあるにせよ、生の言葉って感じだった。

休憩を挟んで、CSI:4 科学捜査班の試写。なぜか第9話。

面白かったけど、聞き慣れぬ日本語吹き替えにモヤモヤ。
メイソンが保安官になってる。いつから?
(episode # 5.7)(episode # 4.18)(episode # 4.9) (episode # 4.8) (episode # 4.7)にしか出てないらしい。
っていい加減、メイソンの本名を覚えてやろう。サンダー・バークレイね。

CSI:1は元同僚と見てたんですが、24を見尽くした後の繋ぎ的に見ていただけで、詳しいってほどでもなかったので、season 4なんて、どういう展開になっているのか不安だったのですが、相変わらず1話簡潔で分かりやすく、特にこの回は、捜査官たちの私生活の話も出てこなかったので、良かった。

歌手(名前失念)がファン(未来の妻)を舞台に引っ張り上げて見詰め合い、歌いかける姿に、アミーゴもアテクシも妄想膨らませて悶絶。
J兄貴のように歌わされたら辛いけど、そんなことになったら、ちゃんと目を合わせられるか非常に不安。今から妄想の中で練習しなくては。。。。ひーーーだみだ。



隣の宴会場では”21世紀”の営業マンか加盟店の成績優秀者の表彰式らしきパーティーが行われていたが、鈴木雅之の歌声が漏れてきた。
「あらーショーまであるんだー」
「21世紀ごとき(失礼)の宴会に借り出され、ノコノコ出て行く鈴木雅之ってどうなの?」
と思ったら、どうやら物まねショーだったようです。

どおりで黄色のジャケットが自由に気軽に、出たり入ったり出たり入ったりするわけです。
さすがに本物の鈴木雅之なら・・・いや、あの黄色のジャケットのお方達なら、ガツガツ出入りするんだろうなぁ。
[PR]
by matsum | 2005-06-13 19:05 | private