Red hot chili peppers

Red hot chili peppers @ 東京ドーム

a0003122_182152.jpg


本日はアリーナ

これまたとりあえず雑感。思い出したら付け加えます。

うへーーー!!!!今日はすごい!!!!
どうせ(失礼!)同じようなセットだろうと思っていたのだけど!!!!
なんてスバラシイセットリスト!!!!!
昨日はスタンドだったので、遠慮気味でしたが、思いっきりジャンプできて気持ちよかった!
アンソニーの腰使いに連れと同時に激しく反応してしまった。
otherside, fortune, paralle, higher ground, Around・・・l聞けて涙でした。

しかして、アンコールで私たちの周りは妙に静かになってしまい、
それが原因なのか、そもそも、その予定だったのか、
今日はUnder the bridge そして、なんとGive it awayもなく、
よって、最後の3人のJamもなく、、、最近はそんな風に終わるってイメージだったので
えええええええ???って感じで終わってしまいました。
まぁPower~もすっごく嬉しいんだけどさ!

今日のセットリストに昨日のアンコールを付け加えてれば最強だったな・・

More
[PR]
# by matsum | 2007-06-06 21:14 | music

Red hot chili peppers

Red hot chili peppers @ 東京ドーム

a0003122_1804646.jpg


とりあえず雑感。

去年のFujiみたいだったな。
物足りないけどでもステキなセットリスト。
音が想像以上に悪かったけど、まぁ致し方あるめぃ。
ステージ上のモニター?がすごく綺麗で見やすかった。
4つのモニターの周りのモニター?に途中漫画が写ってたけど、なんだったのかな?

軽く流してるって感じだったけど、それでも楽しかった!
ジョンがソロで歌詞を忘れたのか、演奏をミスったのか、
途中で照れ笑いしながら別の曲をやり直してて可愛かった。
By the Wayの盛り上がり方は異常だったw。
BSSMとUnder the bridge聞けてすごく嬉しかったが、自らのライターで火傷した。
火気厳禁だって。そうか、そうだよね。でも綺麗だったー
チャドはすごいなー。最後の最後のすごく長く、いったいどこへ向かうんだ?ってjamを
分かりやすくまとめてくれてた気がする。


正直待たされ過ぎて、テンション下がってたんだけど、やっぱり始まってしまうとね~
楽しかった~!!

More
[PR]
# by matsum | 2007-06-05 21:20 | music

Blue Man Group

おー!BLUE MAN GROUPサマソニ東京だけか・・・
私もやっぱり東京で参戦しようかな~

六本木の小屋も気になるー。早く年末にならないかな
[PR]
# by matsum | 2007-06-01 16:57 | music

Prestige

Prestige
邦題)プレステージ

a0003122_1614577.jpg


この映画の結末を誰にも言わないで下さい
ってクリストファー・ノーラン監督のお願いもあるので、多くは書けませんが、
途中である程度の予測が付いて、早く早く結末へ~と思ったんだけど、
なんかすごいことになっちゃいました。
すごいんで、ちょっとチャチくなってしまうんだけど、なんかスゲーなーって感じです。

おヒューに、クリスチャンベール、じょはんそんに、デヴィッド・ボウイ~Lovelyな方々ばかりです
[PR]
# by matsum | 2007-05-31 21:49 | cinema

チケットが・・

あたしってほんとバカ・・

プレミアムぴあのエントリーBOXって、電話をかけて(繋がらないこと多し)、やっと繋がっても、
長々説明を聞いて、電話機のプッシュボタン押しまくって、予約番号を控えたり・・
と、ものすごい労力を使わせる上に情報料とか発券手数料とかバカスカ取りやがる、
という鬼なシステムなんですが、一般発売時に繋がらないストレスに比べたら、
ってんで、結構使ってたんです。
でも、余りの手間の多さに、電話切った途端に達成感からか、すぐさまそのチケットのこと忘れちゃうのよね。

で、先日、LFJの時はチケット引換期間ってものがあることを忘れてまして、
フラフラとテケトーに発券しに行ったら、「該当なし」になってしまってて、慌てて取り直すことに。

そんなんで、気をつけないと!と思っていたのに、またやらかしてしまいました。(本日12:00現在)


MIKAがFujiの後に単独公演をすることになりまして、今年はFujiに行かないもんですから、
勿論行きますわよ!と鼻息荒くしたんですが、あれ?7/30って何かかぶってないかい?
と予定表を見ましたら、

サマーフェスタ、アルインコ

となっているじゃないですか。

のーーん。そうだ。これもエントリーBOXか何かで取ったんだった。。。

うーーん。仕方ない。誰かにお譲りしようと、デジポケにログインして、席種を確認・・・と思ったら・・・

・・・ない・・・


ない。ない。ない。


なーーーい!


・・・あぁ、そうか、プレミアムサービスとデジポケはリンクしてないんだったね・・・

つまり、また発券しに行くの忘れたんだね、あたし。。。

ダブルブッキング分はまぁ、災い転じてってことで良いのだけど、
25日のピアノも弾ける陽気なイタリアン、ニコラ・ルイゾッティ指揮ってのも取ってた(つもり)んだよなぁ。。。


まぁ、いっか・・・・

川崎でビューは遠いな・・・

_______________________________________

などと、思ってこの記事を書き始めたんですが。

ふと、ん?このシステムで発券できなかったのってLFJが初めてだけど、
それまでって、どうしてたんだ?一々ぴあショップに行ったりなんかしてないぞ!
と今更思い直し(17:00現在)、会社のデスクのチケットの宝とクズのコーナーを見てみましたら・・・


あったーーーー!!! 郵送 されてましたーーーー!!!

!!そうだ!!あのシステムでは、最後に郵送か店頭か聞かれるんだったーーーー!!!
そんでもって、引き換えるの忘れちゃうからって、郵送にしてたんだ~~

やらかしてなかったよ、あたし!過去のあたし、GJ!!


・・・・・
・・・・・

そんなわけで
[PR]
# by matsum | 2007-05-24 18:01 | music

Send Away The Tigers

a0003122_17371643.jpgYour Love~3フォーマット付きのアルバムを注文したんだけど、予想外の人気につき(笑)発送が遅れるだとか何だとかってメールが来たのだけど(ちゃんと読め)それほど遅れることなく、我が家にお越しです。

ところが、やっぱりサインが付いてなくって、ちぇーーっと思っていたら、先週末、サインが書かれた【シングルのジャケットだけ】が、プチプチが施された封筒に入って、配送されてきました。

んんんん。なんで?なんでそんな梱包?むしろ普通に封書の方が・・・

えーーっと、【ジャケットだけ】なので、なんか当たり前のように、軽く折れてたりするんですが、ぎゃっほー、サインだーーー!これって印刷じゃないよね?

目の前で貰わないと、余り意味のないような気がするけど、3人分チャンと貰えるなんてナカナカ難しそうなので、超嬉しい~♪



a0003122_173759100.jpgそんなわけで、元々ここ数週間はこのアルバムしか聞いてなかったのだけど、今週も聞きまくるぜー♪

はぁ、ナンテステキなアルバムなんでしょう・・・・
捨て曲なし!!!!
[PR]
# by matsum | 2007-05-23 17:38 | Manics

La Folle Journee au Japon 2007

LFJ終了~。
完全に演奏ではなくマンウォッチングに終始。
[PR]
# by matsum | 2007-05-23 16:59 | music

Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan

Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan
『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』

a0003122_12161595.jpg


More
[PR]
# by matsum | 2007-05-11 21:40 | cinema

Stranger Than Fiction

熱狂を中断して

STRANGER THAN FICTION
邦題)主人公は僕だった

a0003122_16294892.jpg


ネタバレ含みます
[PR]
# by matsum | 2007-05-09 21:25 | cinema

LFJ07 5日目 

もうなんかいい加減記憶も薄れてきました。
去年も一昨年も書いてないので、今年は頑張るぞー。でも、やっぱり結局は音楽のことは全然書けない・・・だって記憶が・・・

あぁ、なんかすごく並ばされた会場だったっけな・・・

532

Dvořák Romance in F minor for violin and piano, Op.11
       Romantic Pieces for violin and piano, Op.75
Greig Violin Sonata No. 3 in C Minor, Op.45

庄司紗矢香
Frank Braley

うーん。ラッブリー。意外と良かった~♪

演奏終了後にLFでは珍しく、客から花束を渡されていたけど、
なんと2人の客(連れ同士)が2人とも庄司さんにあげていた。。。不憫なブラレイ・・
気持ちは分かるけど、普通片一方はブラレイにあげるべきだろ、とか思った。
最終的にはなんか無理やり貰ってたけど。


533

Fauré Nocturne No.6 in D flat major, Op.63
      Nocturne No.13 in B minor, Op. 119
      Piano Quartet No.2 in G minor Op.45

Jean-Claude Pennetier
Quatuor Ysaÿe

おーー!ほんとに美しい。会場の悪さをものともせず。
ピアノももちろん、安定感ありまくりのイザイクァルテット(-2nd バイオリン)。素晴らしい。
アルトもあの2日目のダラダラ感(写真写りが悪かっただけ)が嘘のように大活躍(そういう曲)です。
んはーーー。ビューティフォーーーー!!!

会場を出る時にバイオリニストとすれ違い、小さくBravoと言ってホントに密やかに盛り上がったら、
同じエレベーターになってしまい、その後続かず、気まずかった。
それにしてもイザイのバイオリニストは、せっかちと言うか動きが細々してるな。
エレベーターのボタンも連打してたし。

あぁ、もう一回聞きたいな~


545


Sibelius Symphony No. 1 in E minor, Op.39

Sinfonia Varsovia
Peter Csaba

もう疲れ果てて、絶対寝ちゃうと思って臨んだのですが、シベリウスは私を寝かせてはくれませんでした。
なんかすごかったわ。美しくなんか激しく。


515

Sibelius Symphonic poem Finlandia, Op.26
Grieg Peer Gynt, Suite No.1, Op.46
      Morning Mood, The Death of Ase, Anitra's Dance, In the Hall of the Mountain King
      (Morgenstemning, Åses død, Anitras Dans, I Dovregubbens hall)
Rakhmaninov Piano Concerto No. 2 in C minor, Op.18

Boris Berezovsky
Orchestre Philharmonique de l'Oural
Dmitri Liss

encore
あれ?なんだっけ 確か第三楽章を途中からだったっけ??

今年初めて最後の最後の公演を取ってみました。
まぁ正解かな。楽しかった~。し、結構オケもベレゾフスキーもノリノリだったと思う。
前日よりも席が悪かったのに、生音がちゃんと聞こえた!


__________________________________________

さて
[PR]
# by matsum | 2007-05-06 22:57 | music

LFJ07 4日目 その3

415

Rachmaninov Rhapsody on a Theme of Paganini in A minor, op 43
Mussorgsky Night on the Bare Mountain
Borodin symphonic poem In the Steppes of Central Asia

Boris Berezovsky
Orchestre Philharmonique de l'Oural
Dmitri Liss


おうー、もっとガツガツやってくれーー!!!
結構良かったです。おろしあ国バンザイ!
中央アジアは嵐の後の草原のように、いうなれば凪ぎ?

_________________________________

More
[PR]
# by matsum | 2007-05-05 23:00 | music

LFJ07 4日目 その2 修正

422

Saint-Saëns Septuor pour cordes, piano et trompette, op. 65
          Caprice-Valse pour piano et orchestre « Wedding-Cake », op. 76
          Le Carnaval des animaux

Marie -Josèphe Jude
Jean-François Heisser

Orchestre Poitou-Charentes

こちらも毎度おなじみポワトゥ=シャラント(ちゃんと言えるようになった)の方々。
ん?あ、あれ・・・?面子変わって。。。いや、変わってません。。。見た目がなんか・・すごく変わっただけ・・・
・・・特にコンマスの(※)・・・後頭部が・・・そして、カッコいいバイオリニストも発見出来ず。
(髪の色が同じ人はいたんだけど・・・まさか・・)
あ、でもビオラの人とかチェロ、コンバスの人達は余り変わってないな。

さて、そんなマンウォッチングはさておき、演奏ですが・・・えーっとクラリネットが結構上手だった・・・
あれ?そうだったかな?私の謝肉祭ヘヴィローはこれこれ(トットちゃん!)なので、
比較対象としてどうなのかと思いますが、なんかつまんなかった。

そして、まんまと子供大騒ぎ、の公演だったので、途中からピクニックコンサート気分で、だらだら聞きました。
3歳からOKだったようなので、ある程度は覚悟。突如奇声を発するとか、、、そういうのは仕方ないと思えます。
あんまり煩いようなら親が連れ出せば良いだけのことだし。
せっかくのチャンスなんだし、特に謝肉祭なんか子供向きだからみんなで楽しめればね。
でも、靴のマジックテープを延々、延々バリバリやってた子供の親は一体何なんだろうか?

(※)一昨日、昨年のポワトゥ~の映像を見たんですが、やはり、1年でそんなに・・・って感じでした・・・

つづく
[PR]
# by matsum | 2007-05-05 16:08 | music

LFJ07 4日目 その1

早朝、チケット売り場にたどり着いたものの、受付用紙記入時には残のあった
ラファエル氏のサン=サーンスのチェロコン(421)・・・売切れてしまいました・・・

そんなわけで、じゃぁマスタークラスでも行くか・・・と会場を探す。
昨年はB5の辺りだったのに、なんとガラス棟の7F・・・え・・・なんか暑そう・・・
あら、イザイSQだ!全員で教えてくれるの???

と???のまま突入。あ、ちょっと空調入ってるのね(なんか無駄な・・・)
お、講師はチェリストだけなのね。

Yovan Markovitchによるマスタークラス


↑何気にジョン・マルコヴィッチなんだな

Bartok String Quartet No. 3

芸大?の女子学生さん達。なんかすごく上手なんですけど!(無駄にビビる)
あと通訳が激しく素晴らしい。講師に負けず体を揺らして熱心に聞き入り、熱心に指導。

マルコヴィッチ氏の指導は主にテンポに関してでしたが、学生たち飲み込みが早いっす。
ちょっとしたことで演奏って随分変わるのね~。素晴らしい。
マルコヴィッチ氏もメトロノーム片手に、踊りの時にはマルコヴィッチ風の踊りを見せたり、熱心に指導。
ただし、ごめんなさい、僕はチェリストだから気になっちゃって・・と若干チェリストに対する指導が多かったです。

初めてのマスタークラス。楽しかったです。
a0003122_14153264.jpg
[PR]
# by matsum | 2007-05-05 12:09 | music

LFJ07 3日目 その2

362

Grieg Andante con moto for piano trio, in C minor
Smetana Piano Trio in G minor Op.15

Trio Wanderer

毎度おなじみトリオ・ヴァンダラーさん達です。
お馴染みといいつつ、迫力の面差しの二人の影で忘れてしまいがちな優しいお顔のジャムおじさん、もといピアニスト。
みつを前で開場を待っていましたら、一番乗りで、ガラガラを引きつつ登場。
何故か奏者なのに、なかなか中に入れてもらえません。。。がーーん。


さて、演奏ですが、2曲とも聞いたことなかったのですが、あまりの美しさと迫る感情に涙でした。
というか、席がですね、あり得ない位近すぎるんです。興味本位であんな席取るんじゃなかった・・・
まさに体感。耳に届く前に振動が波動が体に届くような感じです。
もうなんていうか、エンドピンに刺される。譜面台倒しませんように。惚れちゃいませんように・・・
(は?)
と祈る気持ちでしたが、途中からそんなことも忘れ、聞き入りました。
ジャムおじさん、かっこ良かったです。ヴァイオリニスト、ナンテ繊細な音を・・涙。

美しすぎて悲しすぎて、やっぱり結局のところ、デルトロなチェリストに惚れてしまいました。

終演後
[PR]
# by matsum | 2007-05-04 22:24 | music

LFJ07 3日目 その1

354

Gershwin Who cares?
        Lady, Be Good (Lady Be Good)
        Fascinating Rythm (Lady Be Good)
        The man I love (Lady Be Good )
        Strike Up the Band (Strike Up the Band)
        's Wonderful (Funny Face, musical)
        My One and Only (My One and Only)
        Do it again (French Doll)
        I Got Rhythm (Girl Crazy)
Debussy Préludes, livre I  Des pas sur la neige
                      Minstrels
               , livre II Feuilles
                      General Lavine - eccentric
Gershwin Rhapsody in Blue,

encore
あれ?なんだったかな?Gershwin prelude no.3 ??

Frank Braley


ブラレイ氏、黒づくめ。皮パンにヴェルヴェットのシャツ・・・
・・・のーーん!!ヴェルヴェットでなく、オーガンジー??
なんでも良いけど、とにかくSee Through!稲葉浩志です。ひー。
ブラレイファンには溜まらないっすね>ほんとか?

でもって、Jazzお似合いですね。

他の作品を弾く時にはかなりの割合で、リラックスというか、悪く言えばだらしなく、
背もたれ(なければエア背もたれ)に寄りかかって弾いてる感がありますが、
Jazzは前のめりで・・・ガツガツ弾きたいから?
まぁそんなことはどうでも良いんだけど、ガーシュウィン好きが伝わってくる演奏でした。
ブラボー。楽しかった。

ドビュッシーは、なんつーか、禅?ピアノとの、それ通り越して自分との対話って感じでした。
ビューティホー!
[PR]
# by matsum | 2007-05-04 18:23 | music

LFJ07 1日目

123

Dvořák Piano Trio No. 3 in F minor op.65

encore
Fritz Kreisler Marche miniature viennoise

Frank Braley
Renaud Capuçon
Gautier Capuçon

久々の三人組です。ルノー、痩せた~!
相変わらず息の合った、そして、こなれた、しかしてキメキメな演奏です。
もう3年位はこの曲弾きまくってるものね~
カッコいいなぁ~

そして、兄の、、、兄の動き・・・相変わらず・・・というか、は、激しさを増している!!
以前見た兄オンザ椅子は、ショスタコが今回の2割増。ドボルザークは2割減の動きでした。
って何の情報だ。

アンコールのクライスラーのマーチはInventionsの最後に収録されていますが(ピアノ:姉)、
ブラレイが弾くと、、、、ほんとにマーチですな。アンコールだったしね。
軍隊かデモ隊でも来そうな勢いで、アンコールに相応しく、楽しかったわ。



114

Smetana Má Vlast
(symphonic poems My Country
Vyšehrad, Vltava, Šárka, Z českých luhů a hájů)

TMP
小泉和裕 指揮

席が悪かったと思いたい。
でも本に美しい曲である
[PR]
# by matsum | 2007-05-02 21:19 | music

MSP interview 追加

昨日の追記と追加

BBC6 THEHUB
J兄の胸がギターにの・・・
MySpace interview
ショーンは髭が良い感じね
[PR]
# by matsum | 2007-05-02 08:57 | Manics

予想外の人気

Due to unprecedented demand, I’m afraid there may be a slight delay with receiving the signed insert part of the Manic Street Preachers (Your Love Alone is Not Enough) bundle that you ordered.

わおー。


a0003122_10144833.jpg


More
[PR]
# by matsum | 2007-05-01 10:17 | Manics

Hommage à Rostropovitch

radio france

BBC radio3
[PR]
# by matsum | 2007-04-28 17:24 | music

ロストロポーヴィチ人生の祭典

ロストロポーヴィチ人生の祭典
原題 Elegiya zhizni. Rostropovich. Vishnevskaya

a0003122_211433.jpg


More
[PR]
# by matsum | 2007-04-21 14:04 | cinema

The Magic Flute

The Magic Flute (Kenneth Branagh)
邦題 魔笛

a0003122_2104074.jpg


超楽しい♪ 詳細は追って
[PR]
# by matsum | 2007-04-20 23:00 | cinema

DRESDEN

DRESDEN
邦題)ドレスデン、運命の日a0003122_1521159.jpg


涙と吐き気でヘロヘロになりますが、みるべし
[PR]
# by matsum | 2007-04-11 21:06 | cinema

The Holiday

The Holiday
邦題)ホリデイ

a0003122_11122778.jpg


More
[PR]
# by matsum | 2007-03-25 20:03 | cinema

Paris, je t'aime

Paris, je t'aime
邦題)パリ、ジュテーム
a0003122_1122314.jpg


More
[PR]
# by matsum | 2007-03-21 14:00 | cinema

Catherine Deneuve

Festival du Film Français @ ユーロスペース

Benoît Magimel 好きの友達に連れられ、土曜なのに朝9:30という子供バリの待ち合わせにて
ユーロスペースへ。

ブノワ主演『暗黒街の男たち』(仏題"Truands")を見ました。

a0003122_16363339.jpg

グロくてエロくて、ヴぇーーーって感じだったけど、ブノワは勿論、Philippe Caubèreももちろん、何気にTomer SisleyとMehdi Nebbou等々、おかっこおよろしい方が一杯出ていてよかったわ。(もはや映画の感想ではない)

で、ブノワとFrédéric Schoendoerffer 監督が舞台挨拶。ブノワはやっぱり声が高めだった。
けど、物腰がステキ。

More
[PR]
# by matsum | 2007-03-17 15:59 | cinema

生きてます

忙しくてちゃんと感想書けないけど、生きていることをアピールしてみました

カプソンズは別ブログに移そうと画策中です。
[PR]
# by matsum | 2007-03-16 17:25 | private

MUSE

Muse @ 東京国際フォーラム

スーーーばーーーらーーーすいーーーーー!!
ひーーー23曲!!!アメイジング!

a0003122_165938.jpg


More
[PR]
# by matsum | 2007-03-12 22:00 | music

アントニオ・ガデス舞踏団

ガデス舞踏団 @ オーチャード

Aプロ Carmen

わんだほー。Bプロも見ればよかった。ステラ・アラウソ凄すぎ

a0003122_17182474.jpg
[PR]
# by matsum | 2007-03-10 20:20

第3回クラシック・ソムリエ・サロンと映画『神童』

第3回クラシック・ソムリエ・サロン@国際フォーラム

山尾敦史さんとぴあのおじさんのお話。

a0003122_13441120.jpga0003122_13371739.jpg
Zoltán Kodály         Béla Bartók
今回のLFJのテーマ民族のハーモニーってことで、その辺のレクチャーでした。
山尾氏のコレクションの中から選りすぐりの音源をってことで色々聞きました。
コダーイが集めたハンガリーの民謡とか、バルトークの声ってのが超ハイスペックなスピーカーから流れるんですが・・・ノイズが・・・でもマジャール語のリズムとか興味深かったです。
あとラヴェルのピアノトリオ(当日の朝聞いたばっかりで聞き比べ的に面白かった)とか色々聞いたんだけど、ストラヴィンスキーの結婚がかなり面白かったです。音楽って言うか実況中継みたいな。
帰りに改めてカプソン兄弟のデュオを聞き直してみました。

当日、ぴあのクラシック最新情報を貰ったんですが、やっと見やすいプログラム
(しかもチョピッとコメントが付いてて親切)がゲットできてよかった~
でも、レクチャーの最中に小学生心が疼いちゃって、作曲家達とルネ・マルタン氏の顔には、
ガッツリ落書きを・・・・あんた。それ、持ち歩けないジャン。
で、早速カプソンズの演目チェックすると、okamo-koさん御指摘の、

“ドヴォコン”それは協奏曲史上の名曲。
“カプソン”それはフランスの天才チェリスト!

の表記を見て、ドン引き。

一時間少々でレクチャーは終わり、『神童』の試写会
『神童』は、漫画と大分設定が違っていましたが、これはこれでまぁ楽しめ・・・いや、でも
なんか伝えたいことの趣旨が変わっちゃってるよな。。

D5ホールではスクリーンが大分上だったし、椅子は立派なのに狭いので、すごく見づらくって
疲れた。
[PR]
# by matsum | 2007-03-09 23:08 | music

さらばWAVE

たまに愛用していた見附のWAVEがとうとう閉店です。

ここ1年か2年の間の模様替えの後、クラシックは追いやられて、見るも無残な在庫状況でしたが、
以前はタワーやHMVにはもちろん劣りますが、クラシックに限らず、なかなかまぁまぁな品揃えとスーペルな店員。
しかも空いているってんで、かなりご贔屓にしてたこともあったので、何気に残念。
あ、でもやっぱり今の品揃えと店員の質ではなー

そんなわけで閉店セールにつき、なんだか勢い込んで定価29,000円分買いました。
なんと20,000円でした。
すさんだ在庫の中には、ルルーたんの武蔵野市民文化会館でのライブCD
50%OFFという罰当たりなのまであって、
何気に今の私のニーズにはもってこいでした。


okamo-koさんとこのコメント欄で教えてもらった、というか横取りしたサラサーテのカプソン兄弟の記事。
取り立てて目新しい情報はなかったけども 出た〜!タコ口!!ゴチエのキュートな写真に大満足です



で、最近のヘヴィロー MIKAのLife In Cartoon Motion

a0003122_2321387.jpg
[PR]
# by matsum | 2007-02-28 23:22 | music